スタイルが長持ちしない習慣的な原因

ヘアスタイルが長持ちしない原因について、皆さんは私はそういう髪質だから仕方がないとお思いではないでしょうか?
もちろん根本的な要因としてそういうものはありますが、シャンプー時の習慣に関する下記のような要因も考えられます。
例を挙げますと、

 

*シャンプー選びは適切か?

 

至福のためだけのシャンプー選びの場合は問題ないのですが、ヘアスタイルの長持ちを第一にお考えの場合、シャンプー選びは是非、ブランドや香りや手触り重視ではなく髪質や用途で選んでください。

 

例えば、ネコ毛でコシのない髪質の方は、"しっとり" や "潤い" をメインにしたシャンプーは向いていません。
実は香料の強いものも全てではないですが、髪に重みを持たせる傾向にありますのでネコ毛の方にはお勧めしません。
また、多毛でまとまりを必要とする方に "サラサラ" や "軽い動きのある仕上がり" のようなシャンプーは髪に与えられる重みが充分ではないために素敵な香りだとしても残念ながら向きません。

 

*シャンプー前と後のすすぎは充分か?

 

シャンプー後のすすぎに注目されている方は多いとは思うのですが、シャンプー前のすすぎもかなり重要です。
このシャンプー前のお湯でのすすぎの段階で髪に付着しているスタイリング剤の除去を促し、お湯やスチームでの頭皮の毛穴の開きを促します。
その工程をナシにシャンプー剤を前もって泡立てることなく直接シャンプー剤を頭皮や髪につけることは正常な洗浄効果を生みませんのでお勧めいたしません。

 

そのシャンプー後のすすぎ不足もフケやかゆみの原因となりうりますし、髪の根元に余分な潤いが残りすぎるためにボリュームがでないことや長持ちしないことにもつながります。

 

 

上記のような普段のお手入れ法などを再度検討することによって改善が見られたり、意外な盲点を発見することも少ないくないと思います。それでもボリューム不足が気になる場合は女性用育毛剤がおすすめです。
今一度、検討してみてください。

 

くせ毛と抜け毛、うまく付き合うには

 

くせ毛に関しては、生れつきの遺伝などによる原因が大きいのではないかと思います。
ご両親のどちらかがくせ毛とか、隔世遺伝とかが考えられますよね。
これは、どうしようもない部分であり、うまく付き合っていくしかないと思います。

 

それ以外では、女性なら初潮を機に、体質や髪質が変化した、などという原因も考えられます。
私自身、小学校の時にずっとロングだった髪を、中学生になるからとばっさりショートにした時に、一気に縮れてしまった経験があります。
自身の経験を踏まえて、娘には「絶対にばっさり切るな」と言い聞かせてきました。事実、娘はサラサラなストレートのままでした。たまたまかもしれませんが。

 

くせ毛とうまく付き合っていく。
なかなか難しいものですが、シャンプーやコンディショナーで自分に合った物が見つかると嬉しいですよね。
また、ヘアクリームなどもお気に入りが見つかると、気持ちが弾みます。
最近流行りのフリマアプリなどでは、旅行用のミニサイズが安価で出品されていたりしますので、1本購入するのは怖いと思うなら、そういった物を購入して試してみるのもひとつの手段です。

 

また、抜け毛に関しては、いきなりシャンプーするのではなく、髪を濡らして地肌をマッサージしてから本格的に洗う方が抜け毛が少ないです。
1日100本は抜けると言われている髪の毛。
同じ抜けるなら、なるべく最小限に抑えたいものです。
地肌をマッサージして温め、血行を良くして毛根を圧迫すると抜けにくいのです。
そして、シャンプーは手のひらで泡立ててから、地肌を優しく洗いましょう。
シャンプー後は湿ったままにして雑菌を増やさず、しっかり乾かし、地肌を清潔に保てば、髪の毛も元気になりますね。